~6月の中旬で、もうカブト虫~

市内のぶどう園の社長が「カブト虫が出てきたから、息子さんと遊びに来な!」と。
てっきり、カブト虫の幼虫をくださるのかと思って伺うと。
腐葉土の山を掘ると、出てくるは出てくるはカブト虫の成虫。
さながら“カブト虫掘り”の状態に、息子雄二郎は大喜び。
家に帰って、早速、捕まえたカブト虫で“対決”。
子供は大好きですね、カブト虫。