~時給200円でも一生懸命に~

先の台風で“あかま二郎自民党掲示板”があちらこちらで損壊。
あまりの数の多さに制作・設置に“猫の手も借りたいくらい”です。
息子雄二郎(小5)に「パパの看板作り、手伝ってくれない?」と。
もちろん、息子は「え〜」。
ならば「時給200円のお手伝いという形なら、どう?」
「それならやる‼︎」
分からないなりにも、頑張って手伝ってくれました。