【内閣府副大臣拝命】
~引き続き、政府一員として“重責”~

皇居にて執り行われた「認証式」において、畏れ多くも、陛下よりお言葉を賜り、改めて内閣府副大臣として重責を担うこととなりました。
「身を引き締め、誠心誠意、職務の遂行に努めて参ります。」
写真は、「官邸にて副大臣一同」、「皇居に向かう」、「初となる副大臣会議」