~霧島山被害への支援で関係省庁の“調整役” ~

九州県議会議長会を代表して、沖縄県議会(新里議長)、宮崎県議会(蓬原議長)、鹿児島県議会(柴立議長)が来所いたしました。
霧島山の火山活動の活発化に伴い、4月には硫黄山でも噴火が発生しました。
流域河川の水質悪化による農業被害が深刻化しています。
国交省、農水省、環境省など対応が迫られている省庁は複数にまたがります。
全体の“調整役”として「是非、内閣府副大臣を」という事で、対応を担うことに。
速やかな対応に努めてまいります!