~時には、“空振り”も ~

文部科学委員会での一コマ。
写真だけ見ると、何となく物足りなさそうな顔してませんか?
科学技術の振興についての質問が出されるとのことで、しっかり「答弁」する気まんまんで委員会に。
ところが、質問が当てられるのは林文科大臣ばかり。
結局、答弁は当たらず“空振り”でした。