~地震及び原子力災害に備えて “想定訓練”~

本日、京都府北部を震源とする最大震度6弱の地震が発生したとの“想定”で対策本部を開催。
まずは、地震による被害者の救出・救助、行方不明者の安否確認などを、非常災害対策本部として確認。
併せて、大飯原子力発電所3号機、高浜原子力発電所4号機において原子力緊急事態と判断する前段階の事象が発生したと想定した訓練も。
京都府、福井県、滋賀県の知事の皆さんにもテレビ会議で参加もいただきました。
要配慮者の避難など、これからも万全を期してまいらなければなりません。
今回の訓練をさらに検証した上で、常に備えを怠ることなく、防災体制の強化に取り組んでまいります。