~北海道胆振地震 現地を訪れて~

まず、この度の「平成30年北海道胆振地方東部地震」でお亡くなりになられた方々にお悔みを申し上げます。
併せて、被災された皆さまにお見舞いを申し上げますとともに、昼夜を分かたず救命救助、復旧に尽力されている関係者に感謝申し上げます。
昨日、安倍総理とともに北海道胆振地方の被災現場を訪れました。
札幌市清田区では“液状化”により陥没した道路、半壊状態の住戸などの状況について札幌市長より説明をいただきました。
空自ヘリから視察した厚真町、安平町における土砂崩落の状況は、想像を超えるほど広範囲にわたっております。
現時点で、295万戸に達した停電はほぼ解消したものの、被災地の皆さんの日常はまだ取り戻せていません。
被災地に寄り添い、被災自治体とともに政府あげて復旧活動に全力で取り組む覚悟です。
今回訪れた避難所などでいただいた皆さまの声、賜った要望に一つ一つにシッカリと応えてまいります。