~LGBTを受け容れる社会へ ~

本日、「性的指向・性自認に関する特命委員会」へ。
LGBTなどを受け容れる寛容な社会づくりは、社会の要請です。
本委員会では法制化への検討を重ねています。
人格と個性が尊重され、多様性があることが“当たり前”の社会へ。
それには、国民の十分な理解が何よりも大切です。それを下支えするためにも立法化が急務です。
保守派と呼ばれる、稲田朋美議員や新藤義孝議員、さらには古屋圭司議員が本特命委にいるなんて意外ですね。