【令和3年 ご挨拶】

昨年は、“厳しい試練”に直面した一年でした。
緊急事態宣言、休業要請、ソーシャルディスタンス‥。あっという間に日常生活は一変してしまいました。
本来なら、高揚感とともに幕を開けるはずの新年ですが、残念ながら今年に限っては‥。
それでも、誰もが“厳しい試練”を必ず乗り越えることができると信じているはずです。
皆んなの“強い信念”に、ただ任せるのではなく、しっかりと応える役割を担うのが政治です。
是非、“一丸”となって、日本の再生に向かって進んでまいりましょう。
そうすれば、きっと令和3年は希望の持てる年となるはずです。私も国家国民のために働いてまいります。
最後に、この日この時も、医療現場で懸命に尽力されている皆さまに、改めて敬意と感謝を申し上げます。