航空法等の改正 委員会可決!

14日の金曜日、国土交通委員会。
案件は「航空法等の一部を改正する法律案」
審査の結果、本法案は“賛成多数”を持って可決。
本法案は、
-航空ネットワークの維持のための支援
-空港における保安体制の強化
-無人航空機(ドローン)の飛行の安全を確保するための措置
などを主な内容とするものです。
コロナ禍、大変なダメージを受けている航空業界。
ネットワークの維持が困難となれば、人の移動や経済に大きな影響が生じます。
また、技術の進展に伴い、ドローンを利用した物流なども増えてくることが予想されます。
利用の促進とともに安全基準や操縦に必要な技能等については、しっかり担保されなければなりません。
さらには、テロ等を防止するため空港における保安検査をより万全なものとする必要があります。
こうしたことを踏まえた法改正です。