水循環基本法一部改正 可決

超党派で取組んできた「水循環基本法の一部を改正する法律案」
衆議院本会議、“全会一致”で可決。
この法律案は、地下水の保全と利用を適正に行なっていくためのもの。
この法律では、国や地方公共団体は以下のことに努めなければなりません。
地下水に関する調査、その情報の分析、保全・利用に関する協議組織の設置、さらには採取の制限等の必要な措置を講ずること。