~ついに生まれました“赤ちゃん”❗️~

年の瀬も押し迫った大晦日。
わが家では、待望の“赤ちゃん”が誕生。
「エッ?あかまさん4人目?」
いえいえ違うんです。
息子雄二郎が大切に育てていた「烏骨鶏(ウコッケイ)」が孵化(ふか)したのです。
雄二郎が「卵を孵化させてみたい!」と言い始めたのが2ヶ月前。
1回目は、卵をホカロンで温め続けること3週間、残念ながら…。
2回目は、卵を湯たんぽで温め続けるものの、やはり…。

今回は、孵卵器で。
21日間温め続けながらも、予定日の30日(月曜)になっても…。
「あ〜あ、今回もダメか」と残念がっていた雄二郎。
ところが、ついに8個の内、1個の卵から可愛らしいヒナが❗️