もうクルクル出来ません

皆さまお馴染みの「N O Z A K Iのコンビーフ」。
多くの方は“クルクル”回した記憶がおありかと思います。
発売から今年で70周年。
この機に、“クルクル缶”を刷新し、“ラベルキャップ”になったそうです。
たまたま手に入れた“旧式缶”。
息子雄二郎に「開けてみて!」と促してみました。
最初は、不思議そうに“旧式缶”を眺めながらも、「こういうことね!」と言いながらクルクル。
身の回りから“昭和”がだんだんとなくなってくるようでさみしいですね。