忙中閑有〜ご近所迷惑⁈〜

息子雄二郎(中1)は庭にある鶏小屋で4羽のウコッケイを飼っています。
正確には、家の中にある段ボール製の小屋に、あと2羽(ヒナ)。さらに9月に生まれたヒヨコ1羽もいます。つまり、あかま家にはウコッケイが計7羽も。
いずれも、雄二郎が卵から孵化(ふか)させ、大切に育てている鶏たちです。
通常の卵よりも栄養価が高くて“真っ黄色”な卵が生まれるようにと、エサに「エビ」やら「小魚」、さらには「ウコン」などを混ぜ、“エサやり”に精を出しています。
ママからは「雄ちゃん、ウチのウコッケイには“お金”かかっているわネ〜」などと言われながらも。
さて、庭の鶏小屋のウコッケイたち。生まれて9ヶ月となり、そろそろ“立派な卵“を産むのでは⁈と期待をしているところです。
ところが、問題も発生!
ウコッケイはウコッケイ。最近は、朝4時半くらいから「コケッコッコ〜」と大声で鳴くことしきり。
毎日、毎日、ご近所から「あかまさん家のトリ、ウルサいわネ〜」と言われはしないかとヒヤヒヤです。
ママからは、さかんに「雄ちゃん、ご近所迷惑になるといけないから、里子に出そうよ!」と迫られている雄二郎ですが、「卵を生むまで、待ってて!」と抵抗しています。
卵が先か⁈里子が先か⁈はたまたクレームが先か⁈
とりあえず、世帯主として「ご近所の皆さん、ゴメンなさい😞